ホームCDWILDLIFE〜大自然に捧ぐ / 瀬木貴将  
商品詳細

WILDLIFE〜大自然に捧ぐ / 瀬木貴将  [SSSP-201105]

販売価格: 3,085円 (税込)
希望小売価格: 3,000円
数量:
サンポ-ニャ&ケ-ナ奏者、瀬木貴将の最新作。
タイトルの『WILDLIFE』は、“野生動物”という意味。アフリカ、アマゾン、アジア、アラブ、南極、アンデス、パタゴニアなどの大自然を幾度となく旅してきた瀬木貴将が、15年間追い求めていたテーマの集大成が、ここに出来上がりました。美しく、楽しく、切ないメロディーが、大自然のストーリーを奏でています。
「大自然をわたる風、そこに暮らす動物たちの躍動感や静かに流れる時間をアンデスの風が創った楽器で奏でることで紡ぎ上げた、壮大な音楽の世界。いま、大自然と野生動物の未来に捧げる」

@参加ミュージシャン
瀬木貴将(サンポーニャ&ケーナ)
鬼怒無月(ギター)
榊原大(ピアノ)
コモブチキイチロウ(ベース)
村上“ポンタ”秀一(ドラムス)

@スペシャルゲスト
角松敏生(ギター、ギターソロ、バックグラウンドボーカル)
佐山雅弘(ピアノ)
商品仕様
(画像をクリックすると大きく見られます)
収録楽曲(全13曲)
1.ETOSHA〜サバンナの夜明け(角松敏生ゲスト参加曲)
2.WILDLIFE〜黄金の草原
3.DESEO〜二人の願い
4.OASIS〜砂丘の果て
5.BEDOUIN〜砂漠の旅人
6.NOCHE〜静寂の夜
7.FOREST〜ピグミーを訪ねて
8.GOAS〜動物たちの泉
9.CASA〜故郷へ
10.LABERINTO〜迷路
11.CANA〜原生林
12.PAINE〜ピューマの瞳
13.LUZ〜深海の光
(画像をクリックすると大きく見られます)
@角松敏生ゲスト参加への道のり

「角松敏生」に影響された20歳の頃・・・
瀬木貴将は、1985年単身南米ボリビアに渡り演奏活動を始めた。日本とボリビアを行き来して「フォルクローレ」という民族音楽を学びながらも、カーステレオから流れていたのは「T's BALLAD」「SEA IS A LADY」だったりした。そんなある日、六本木PITINNに角松敏生さんのステージを見に行った瀬木は、益々その魅力に惹き付けられた。

「瀬木バンド」のリズムセクション・・・
1991年1月、瀬木は本格的に国内で活動をはじめ、1992年に自身の主催バンド「LIBRE CLUB(リブレクラブ)」を結成した。ドラムは村上"ポンタ"秀一さん、ベースは青木智仁さん。二人の大先輩たちから音楽だけではなく、ツアーやバンドの仕切りなど多くのことを学びながら、瀬木は人間としても成長していった。そこには既に角松さんとの薄からぬ縁があったのかもしれない。

ついに「角松敏生」と共演・・・
2010年秋のある日、瀬木はポンタさんと新作レコーディングのミーティングをしていた。ゲストミュージシャンに話が及んだとき、瀬木はある曲にバックグラウンドボーカルを取り入れてみたいと思っていた。意を決して大御所に聞いてみた。『角松敏生さんをレコーディングに呼べませんか?』『いいんじゃないか?』ポンタさんは快諾してその場ですぐに角松さんに電話をしてくれた。ついに瀬木貴将のサンポーニャに角松敏生さんのボイスとギターが融合することになった。

「角松ファン」にぜひ聴いてほしい一曲がある・・・
2011年3月、瀬木が書いた『ETOSHA〜サバンナの夜明け』に、角松さんは丁寧に音を重ねていった。その音色はタイトルそのままに、サバンナに朝の光が差し込んでくるかのようだった。瀬木貴将ニューアルバム「WILDLIFE〜大自然にぐ」。そのオープニングチューンが記念すべき1曲となった。「瀬木ファン」にも「角松ファン」にも新鮮な音がそこにある。
発売日:2011/5/26
発売元:サンエス印刷株式会社
品番:SSSP-201105
価格:¥2,857(税込¥3,085)
お問い合わせ先:サンエス印刷株式会社 TEL06-6345-5531